動画のビットレートと解像度の説明

パソコンの画像

せっかくのエロ動画を見るんだったら、できれば高画質で見たいですよね?

 

アダルトサイトの動画において肝心なところを雑な画質で見るよりは、より鮮明に見えたほうが興奮度も上がります。

 

そんな時に、有料アダルトサイトで動画を視聴する際に映像の品質を表している、ビットレートと解像度の意味を説明したいと思います。

 

ビットレートとは?

よく動画をダウンロードする時などにビットレートという言葉を目にします。

 

bps(ビット・パー・セカンド)と表記されている部分です。

 

ビットレートとは、インターネットやLANを使用する時に、1秒間に送受信できるデータ通信量(ビット数)のことを言います。

 

データー量が多くなるほど1ピクセルに割り当てる色の情報が多くなるので、それだけ鮮明になると言うことです。

 

ビットレートは音声と映像について設定されていて以下のような特徴があります。

  • 映像のビットレートが高いと⇒画質がよくなる
  • 音声のビットレートが高いと⇒音質がよくなる

このビットレートの値が高いほど音声も映像も高品質になってきます。

 

映像美的にはビットレートが高いに越したことはありませんが、有料アダルトサイトであまりにも高画質すぎる動画をダウンロードする時は、データー量が多い高ビットレートが逆にダウンロード時間を長くしてしまうデメリットがあります。

 

解像度とは?

解像度は画面解像度とも言われ、動画の縦横のピクセル数(画素数)を表しています。

 

普通、画素数が高くなるほど映像の描写が細密になり画面サイズも大きくなりますので、細かい部分まで大きくキレイに見ることができます。

 

画素数の表示はpx(ピクセル)という単位で表示されています、1920×1080や480P、フルHDなどといった表記がしてあるところが解像度の部分です。

 

一般的な解像度としては下記のような画面解像度があります。

  • 144p ⇒ 256×144 のピクセルで表示される動画
  • 240p ⇒ 427×240
  • 360p ⇒ 640×360
  • 480p ⇒ 720×480(DVDと同じ位の画面解像度)
  • 720p ⇒ 1280×720(ハイビジョン画質 = HD)
  • 1080p ⇒ 1920×1080(フルハイビジョン画質 = FullHD)
  • 1440p ⇒ 2560×1440
  • 2160p ⇒ 3840×2160(4K)

縦横の比率としては、4:3か16:9ですが、近年では16:9の画面解像度を採用しているテレビ・モニターが多くなっています。

 

画面解像度が低すぎると映像が雑で見にくく、逆に4Kの高すぎる解像度の映像になると、再生する端末がまだ少ないというデメリットがあります。

 

また解像度とビットレートには相関関係があって、高解像度の映像ほど高ビットレートになります。

 

アダルトサイトの動画と高画質作品の関係

フォルダーの画像

エロ動画をより鮮明に見たいと思うとどうしても高ビットレートや高解像度の作品になってしまいます。

 

普通でも週末にはアダルトサイトは混み合ってダウンロード時間が平日よりも長くかかる傾向があります。

 

ましてや混雑した土日に高画質映像の作品をダウンロードしようとすると、それにも増して時間がかかってストレスになります。

 

ご自分のパソコンの性能やNET回線の速度によっても高画質作品のダウンロード時間が違ってきますが、週末に時間がかかる傾向は同じです。

 

ストーリーミング配信だけで見る分には問題はありませんが、ダウンロードをしようとすると上記のようなデメリットがありますので、高解像度の作品を見る場合にはストーリーミング配信とダウンロードを上手に使い分けされることをおすすめします。

 

簡単ではありますがビットレートと解像度の説明をさせて頂きました。

 

有料アダルトサイトで動画を視聴される際には、以上のことを参考にしてみてください。


有料アダルトサイトのジャンル別ランキングはこちらから

AV女優・総合系比較

素人系比較


人妻・熟女系比較

盗撮系比較


フェチ・マニアック系比較

同性愛系比較


洋物系比較

オナニー系比較


スマホ対応AVサイト一覧

有料アダルトサイトクーポン情報


このページの先頭へ